スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輪田鼓第14回酒蔵公演/鎮魂と希望の太鼓「三年寝太郎ものがたり」ぜひお越しください

輪田鼓酒蔵公演まで1か月となりました。今回の公演は『三年寝太郎ものがたり』。タイトルを聞いただけで「クスッ」と笑みがもれそう…『三年寝太郎』、皆さまも耳にしたことがあるのではないでしょうか。山口県の民話として知られているこのお話を輪田鼓の田中嘉治が和太鼓、尺八、民舞、歌による公演に創り上げました。
 今回の公演にあたり「是非この寝太郎役に!」とお願いしたのが、普段より神戸市役所センター合唱団がお世話になっている声楽家、皆木信冶先生です。テノールの演奏家であり、舞台経験も豊富な皆木先生。三味線奏者であり作曲家でもある久保比呂誌さんの作曲で寝太郎の曲が出来上がってきています。さらにゲストとして尺八の森田耕山先生をお招きし、輪田鼓の太鼓と共にお送りします。あ、もしかしたら輪太鼓センター教室生からの隠れゲストも登場するかも。
 会場である灘の酒心館は実際に酒蔵として使われていた場所を改修した木造りのホールで、客席と舞台の客席と舞台の一体感もあり、他の音楽ホールとは一味違った公演が楽しめます。また休憩時間には酒心館のお酒の提供あり。公演前後には隣接した蔵直売所「東明蔵」で気に入ったお酒を購入することやレストラン「さかばやし」でお食事を楽しむこともできます。
 輪田鼓酒蔵公演は2月24日。①12時~、②15時~の2回公演。公演まで残り1か月。輪田鼓メンバー一同、全力で公演に向けての練習に励んでいます。
是非酒蔵でお会いしましょう。

輪田鼓第14回酒蔵公演/鎮魂と希望の太鼓
「三年寝太郎ものがたり」 2月24日(日)①12時~ ②15時~神戸酒心館ホール

「せんたあ」2013年1月23日付より

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。